あいち fan

~自分の知らない地元は面白い~

ワークショップのお知らせ

2019 / 04 / 05

みんなの縁がわ (常滑)fan

常滑の本町3丁目、かつて豊田屋酒店さんだった場所に「みんなの縁がわ」という色々な人々の交流の場があります。何かを発信したい人、何かを受け取りたい人、なんとなく地元の人に混じってホッコリしたい人がやって来る場所です。

時にはどうですか?市を越境した知り合い作り?

気さくな隣人がやっているような手作りパンカフェが週末にあったりもします。新しい隣人として顔を出してみるっていうのはどうでしょう?

 

 

「みんなの縁がわ」さんのFBは下の通りです。

https://www.facebook.com/minnanoengawa/

20180929常滑3.JPG

このページに、ワークショップの情報を掲載することができます (有料)。掲載ご希望の方は、こちらのメールフォームよりお申込みください。

2019 / 04 / 01

あいち野菜fan

【あいち伝統野菜】

愛知県民にも全国的にも、あまり知られていない

「愛知伝統野菜」♥

守られながら今も静かに生きている35品目。

その定義は:

①今から50年前には栽培されている

②地名・人名がついているなど愛知に由来

③今でも種や苗がある

④種や生産物が手に入る

大量消費・大量生産の観点で言えば、出番の少ない脇役でしょう。けれど、地産地消の考え方で見れば、地元食文化の立派な主役です。 

この野菜達をずっと守っていこう、この野菜達が世にある事を伝えようという会があります。

 

【あいち在来種保存会】

代表世話人  高木幹夫 氏

会の活動は「野菜ソムリエ」さんの下のブログ「あいちの伝統野菜」で発信されています。

 dentou2008.exblog.jp

IMG_1631.JPG    IMG_1629.JPG  愛知の伝統キャベツ 

 

 

このページに、ワークショップの情報を掲載することができます (有料)。掲載ご希望の方は、こちらのメールフォームよりお申込みください。

2019 / 04 / 01

みそfan

【愛知の豆赤味噌と八丁味噌とGI登録】

地元の豆赤味噌が大好きです。時々白味噌やミックス味噌のお味噌汁も飲みますが、やっぱり地元の赤味噌の味噌汁に戻ってきます。

他県民から「愛知は八丁味噌でしょ」と言われますが、地元民の端くれの私、実は数年前までは自分の飲んでいる味噌汁の赤味噌が八丁味噌なのか、そうじゃないのか知りもしないで飲んでいました。しかし、ある時、発酵好きの他県民に「八丁味噌は岡崎のカクキューさんとまるやさんでしょ」と言われ、「そうだったのか~」と分かり、我が家の味噌のパッケージを見たところ、「違った~。八丁じゃない、赤味噌だ~。でも、これも美味しいから」と思ったことがあります。 

 

【GI登録制度】

昨年終わり頃からでしょうか、貿易振興上、地元食を守るため、愛知県の味噌の総称を八丁味噌としてGI登録にすれば農水省がそのブランドを守ってくれるという話が新聞に掲載されました。しかし、八丁味噌屋(カクキュー、まるや)さんが、作り方が全然違う味噌まで八丁味噌としてしまうのはどうかと農水省に異議を申し立てています。この頃はこのお話があまり聞かれませんので、双方の見解の違いをあらためてfan情報に掲載します。

ご高覧を賜れば、幸甚です。(10月21日時点で一か所追記。さて、それはどこ?)

 

 

 

このページに、ワークショップの情報を掲載することができます (有料)。掲載ご希望の方は、こちらのメールフォームよりお申込みください。

2019 / 04 / 01

明日歩花fan

【 半田にある大人の"まなびや" 】

名鉄半田口駅から歩いて3分位のところにある「明日歩花(ASUPOKA)」さん。

もとは鉄工所だった場所をご夫婦で改装して、大人が普段のしがらみから離れて、自由に学んだり、教えたり、知り合いを作ったりする場所にされました。

 

訪れる方はホッコリした雰囲気下での学びや未知な人との出会いをユルーク歓迎して、いつのまにかご自分も「ホッコリ」を醸し出す一員になっているように見えました。

こんな雰囲気の中で、何かを教えたい人、何かを学びたい人、是非、明日歩花さんにコンタクトしてみて下さい。

 

コンタクト先は下になります~

https://www.facebook.com/asupoka2016/?ref=br_rs

 

IMG_3899.JPG

 

このページに、ワークショップの情報を掲載することができます (有料)。掲載ご希望の方は、こちらのメールフォームよりお申込みください。

1